GoProの良さと欠点

私は写真撮影に加えて一眼レフや360°カメラなど複数の機材での動画撮影も行っております。
そしてGoProも愛用しております。

今回、そのGoProを使用してきて、他の機材と比べてどんなシーンで強く、逆にどのようなシーンではイマイチだったり、どんな点が優れているのかについて書きたいと思います。

〜 私が愛用しているGoPro 〜
□GoPro hero4 シルバーエディション x 1機
□GoPro hero5 black x 3機
計4機

◆私が普段GoProを使用する場面

・友人に頼まれて、車の運転で、高速道路での車線変更や追い越しの仕方、また駐車の仕方などの動画を撮影するときにフロントのナンバープレートの横や、ヘッドライトの横、フロントタイヤの近く、後ろのナンバープレートの横、車内ではカーナビの上や助手席の肩の位置などにセッティングします。

・他には海に潜ったり、パラシュート、スキー(スノボ)など行うとき

➡︎GoProは耐久性や防水性があるのであらゆるアクティブな場面で使用ができる

◆逆に弱みとしては

暗いところでの撮影が一眼レフなどでの撮影に比べてイマイチに感じます。例えば夜のドライブで車に取り付けて撮影しても綺麗な動画は撮りにくいです。

➡︎夜間での撮影ではLEDライトなどのライトを別で用意することが良いでしょう

◆GoProの良さは

・マウントやアクセサリー関係が豊富なこと
・ハウジングを変えることによって耐水性(水圧)などが上がる
・アプリがあるのでその場での編集や加工ができる

➡︎仕事で映像制作される方でも、普段の撮影で使う学生さんでもスタビライザーが1つあると良いと思います。個人的にはこのアイテムは必須ですね。スタビライザーというのは手ブレをなくすための道具です。特に学生さんなどではInstagramなどに投稿を考えている方なら尚更です。手ブレがなくなることでより綺麗な動画に仕上がります。

◆最後に
GoProは1機5万円を超えたえりするものもあります。なので、決して容易に購入できるものではありませんが、GoProにも何種類かあり、1番安いタイプでした学生でも購入ができる値段です。ただその分、機能などは落ちます。
しかしGoProの使用者として言えるのは、GoProの使用満足度や利便性などは満足できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP